<< 一週間 | main | ドイツ滞在 その2 >>

ドイツ滞在 その1

8/26(金)から9/1(木)まで、とある国際カンファレンスでドイツに出張してきた。カンファはマンハイムで行われた。

カンファは日曜日からだったのだが、せっかくドイツに行くと言うことで、ドイツ・ミュンヘンに住む旧友のTさんに連絡を取って会うことにした。Tさんの彼氏がフランクフルト中央駅の隣に住んでいるというのでそこに二泊、泊めて貰うことにした。ちなみにTさんの彼氏は以前ミュンヘンに彼女を訪ねたときお世話になったクリスティーネの息子さんである。

金曜日は夕方の便で出発だったのでお昼過ぎにフッディンゲを出て電車とバスで空港へ。フライトは全く何のトラブルもなくあっさりと予定時刻にフランクフルト空港に到着。そのまま地下鉄でフランクフルト中央駅へ向かい、件のコンラッドと会う。無事合流できたのでとりあえず彼の家に荷物を置かせてもらってから近所のバーへ。ビールを飲みながら雑談しつつミュンヘンから来るTさんを待つ。一時間ほどしてTさん到着。約3年半ぶりに再会。その日はもう遅かったのでそのまま帰宅して自宅で軽く晩ご飯。

土曜日はTさんとコンラッドに案内して貰ってフランクフルト観光。天気は雲が多かったがそれほど降ることもなく色々見ることができた。なお、フランクフルトは最終日に一人でもう一回廻っており、その日は天気もよく写真が映えるので、載せてある写真は土曜のものと最終日のものが混在しているのでご了承ください。

フランクフルト中央駅。20以上のプラットホームを持つ、ヨーロッパのハブにふさわしい規模の駅。フランスからもTGVが発着している。

駅前の通り。背の高いビルが多い。

ヨーロッパ中央銀行 (ECB) のビル。ここのHPにはよくお世話になっている。ユーロ対他通貨のレートがチャートで出るので便利なのだ。いつになったらユーロは回復するのか…。

ゲーテ広場。

ゲーテの像。像自体は昔からあったらしいが、周りの囲い(煉瓦)は最近作られた物らしい。

エッシェンハイマー塔。ここの中の喫茶店でちょっと休憩。

GARDEN TOWER。展望台に上ることができる。

展望台は地上190m。

中央に見えるのはフランクフルト中央駅。

まるでミニチュアのような印象を受けた。
ふと、なんで日本の風景はこうならないんだろうと思って、全く無企画なビルの乱立と一軒家、そして電信柱と電線、エアコンの室外機が何とも言えない生活臭さと猥雑を感じさせるのではないかと思った。

フランクフルト証券取引所の前にたたずむ二頭の牛と熊。Wikipediaによれば雄牛は上昇(高値)を象徴し、熊は下落(安値)を象徴しているそうだ。2009年現在、世界第七位の取引高。

お昼ご飯はソーセージの盛り合わせ。

教会。

晩ご飯は最近コンラッドが見つけたという日本食レストラン「一閃」で食べた。久々に食べた鰻丼の美味しかったこと。つくねも良い味を出していた。枝豆と日本酒をやりながらの晩餐。

この日もコンラッド宅に泊まり、翌日曜の朝ドイツの高速鉄道ICEでマンハイム入りすることになる。
コンラッドとTさんにはすっかりお世話になってしまった。この場を借りてお礼申し上げます。


コメント
久々にお会いできて楽しかったです。お昼も日本食でもよかったくらいですね。笑。次は日本かスウェーデンで会いましょう。
  • しろ
  • 2011/09/06 4:22 AM
どうもです。またお会いできる日までお元気で。
  • 理玖
  • 2011/09/06 4:06 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
twitter (ツイログ)
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM